FXの基本知識Tスワップ

FXを初心者の方で悩むのが専門用語だと思いますので順に説明をしていきます。

まずは

スワップ

スワップとは「交換する」という意味です。

FXのスワップとは、日本と通貨発行国の金利差のことをFXではスワップと表現されております。日本円の金利が、通貨発行国の金利よりも低い時に、その外貨を購入すれば、お互いの国の金利差が生じる事によってスワップポイントとして加算されます。

分かりやすく説明しますと金利収入とお考え下さい。

 

FXでは円を売って外貨を買うことができますから通貨を交換するわけですが、このさいにつく金利の事をスワップポイント、またはスワップ金利と呼んでいます。

 

タンス預金をしている人の理由が低金利というのが一番多いです。低金利が続いている外国の通貨を購入した時でも円金利が外貨金利を上回っている事はまず考えられません。

FXでドルを購入した場合はスワップにより、お金が頂けます。

円金利がドル金利を上回った時には、FXにて円売りドル買いをしている投資家は逆にスワップとして金利差分を支払う必要が生じてきます。

 

円買い、ドル売りのポジションをもっている投資家はスワップを支払う必要があるので注意が必要となりますので御注意下さい。

 

FXのスワップで特に注意するポイントとして、反対売買(決済)をしないと受け取れないということです。

例として記載しますので参考にして下さい。

FXでドル/円を持っていて毎日100円のスワップがついたと仮定致します。1年で36,500円のスワップが手に入りますよね、しかし実際に口座から出金できるのは、投資家が持っているドルを決済したときだけです。

 

FX業者を選ぶのにスワップを日々引き出せるFX業者と、決済しないと引き出せないFX業者があるという重要なポイントを覚えておいて下さい。