FX初心者の注意すべき重要ポイント

FX初心者の注意すべきポイントとして、信託保全の有無ということがあります。FXの信託保全とは、投資家が預ける資金を守ってくれるシステムのことを言います。FXでは、売買を開始する前に一定の証拠金を預ける事から始まります。

 

証拠金は商品の代金ではなく、あくまでも預かり金です(ここ重要です)。

FX業者は顧客から証拠金の返還を希望してきたときは、手数料等を差し引いて証拠金を顧客へすぐに戻す義務があります。なぜかといいますと万が一、FX外為業者が倒産しても、顧客の資産は保全するシステムとなっております。

顧客資産の分離保管に関して取引案内等に明記していないFX業者は不安が伴いますので、出来る事なら取引を避けるほうがよいと思います。

 

カバー先金融機関の信用性をよく調査する事ががFX必勝には重要ポイントです。例え信託保全が出来たとしても、カバー先金融機関の信用性の評価が低いと安心出来ませんから。FXを始めるにあたって口座を開く時には、カバー先金融機関の格付けランキングなどもよく調べる事が重要です。

またFX初心者の注意すべきポイントとして覚えておいて欲しい点は、FXの特長の一つに比較的小額で取引を開始できることが魅力ですけど、例えば10万円程度の証拠金を預託すれば、10000ドルの取引が出来るようになります。

しかしそれよりも損失が膨らめば追加で証拠金を追加するか、損切るか、どちらかの判断をしなければいけません。

 

FX業者が売値と買値の両方を提示しているかという点も重要なポイントと思います。FX業者を選ぶさい、買値と売値の差が比較的少ないFX業者のほうが安全な取引ができると思います。